03-6684-4211

後悔しないシニアマーケティング

出稿実績をもとにシニア向けの広告媒体を検討したい

なかなか成功事例を教えてくれないから、 どの媒に出稿したらが良いのかがわからない

シニア向けプロモーションで過去失敗したことがある

シニアの人口は今後更に増え続けるとともに、日本で最も裕福な世代になります。将来性が高いシニアに対して、様々な企業が新規参入をしています。サービスを拡大していくときに集客が必要となります。口コミで展開していくことも非常に重要ですが、事業スピードを早めるためには、シニアマーケティングを考えることが非常に重要になります。

シニアマーケティングで、こんな悩みを持っていませんか?

出稿実績をもとにシニア向けの広告媒体を検討したいが、自社ではそういった情報を保有していないから、どの媒体が良いのかがわからない

媒体社はなかなか成功事例を教えてくれないから困っている

シニア向けのプロモーションで成功させようと思った時、「エリアが商圏にあっているか?」「読者への配布方法は?」「部数は?」「料金は?」など、媒体ごとの基本情報と合わせて、成功事例を加味してプランニングをする必要がございます。なぜなら、競合企業や同ターゲットを対象とする企業が、その媒体に出稿しているか?よい反響は出ているか?などの過去実績をもとに広告を実施した方が、プロモーションの成功率は大きく上がる可能性が高いためです。

ただ、媒体社との関係性が深くない場合、成功事例に関する情報を教えていただけないことも多々あります。普段から関係づくりをするなど、聞きやすい環境をつくっておくことも重要になります。

ただ、そこまで時間をかけられないという方のために、成功事例をいくつか紹介させていただきます。

シニア向けプロモーションの成功事例

成功事例1 : 同年代モデルの起用で想定以上の高反響!アクテイブシニアをフィットネスジム体験会に多数送客

シニアの方にとって「健康」は興味関心があるテーマのひとつで、誰もが健康に生活をしたいと考えています。

今回紹介をさせていただくのは、「フィットネスジム」がシニア向けに出稿した広告の成功事例。フィットネスクラブの存在を認知してもらい、入会へつなげることが目的です。
ただ、いくら「健康」に興味があるからといって「フィットネスジム」はシニアの方にとってハードルが高いもの・・・。「私にも出来るのだろうか?」「どんなことをするのだろうか?」「フィットネスって、窓際で一列になって走っているアレでしょう…?」という不安が先行して二の足を踏んでしまい、という方が多いのだそうです。
そんなシニアの背中を後押ししたのが「編集長(70歳)の体験レポート」です。
見開きで右側に体験レポート(編集タイアップ記事)と、左側に広告を掲載しました。

体験レポートでは、編集長(70歳)と奥様(65歳)が実際にフィットネスを訪問、「体力年齢を測定」という切り口で、フィットネス体験の流れをはじめ、フィットネスジムの内部の写真や実際に器具を使っている様子を紹介していきます。
ここまでの流れで読者の方は「私と同じくらいの年齢の人がやれているんだ。思ったよりも大変そうじゃないのかも…?」という印象を抱くはずです。
フィットネスを体験した編集長の「体の硬さを実感」「もうちょっと動きたくなった」等、読者も共感しやすい体験談も掲載しました。

具左側の広告紙面では「体力年齢測定会」の案内を大きく掲載。無料招待のオファーつきで、都内にあるフィットネスジム(1ヶ所)を紹介。編集長のレポートを読んで興味を持った読者を囲い込みます。結果は、特別無料測定回への問合せは「12件」。
シニアのフィットネスへの集客は難しいと言われている中で、想定以上の集客効果となりました。

■シニアに行動させるには、同年代のモデルがささる

今回の商材「フィットネス」のように「良いものだとはわかっているけど挑戦しても上手くいくはわからない」「よくわからない」といったことに対しては、レスポンスがなかなか出ない、ということがあります。こういった商材については、広告内に「自分と近いようなモデル」が出ていると、反響がぐんと上がります。
なお読者モデルのように、一般人に近ければ近いほど読者も共感しやすくなります。ハードルが高い商品であれば、今回のように「自分が投影しやすい人物」を登場させると良いかもしれません。

■アクテイブシニア向けフリーペーパーの成功事例まとめ

【広告主】
フィットネスジム
【案件】
認知促進と新規会員獲得
【活用メディア】
全国の高齢者施設・病院・ドラッグストアなど約5,000ヶ所以上で配布。50~70代を中心にシニアの方にアプローチします。クーポンを羅列したチラシ的な内容ではなく、読んでいて楽しまれる取材記事・インタビューなどを掲載することで、情報誌として楽しまれており、保存性が高いため再読される機会が多いのも特徴です。
【部数】
111万部
【結果】
特別見学会への問合せ「12件」を獲得!

成功事例2 : 初月に1千万円の案件成約!葬儀社×タクシー広告 成功事例

広告が視界に入ってきて、その事についてついつい考えてしまう…といったことは、経験があると思います。今回紹介させて頂くのは、広告物と半強制的に正対させることで、今後直面するだろう「葬儀」について考えるきっかけをつくり、大型案件の受注を皮切りに、継続的に成約をし続けている事例になります。

出稿した広告媒体は、全国法人タクシーの車内・車体に広告が掲出できるタクシー広告。
タクシーを利用する方は、比較的可処分所得が高い方になります。
タクシー=富裕層やビジネスパーソンの方が使用するイメージがありますが、エリアによってその傾向は異なります。都心部では富裕層やビジネスパーソンが平日に使用することが多いのですが、郊外ではシニアの方が利用するケースが多いのだそうです。
徒歩や自転車では行けない距離の場所や、公共の交通機関だと便が悪い場所に訪れる際に利用することが多いようです。

さて、タクシーの平均乗車時間は16分間だといわれています。
その間に、半強制的に利用者に対して訴求し続けることができるのが、タクシー広告です。
運転席・助手席の後ろに取り付けられたリーフレットやデジタルサイネージを通じて、広告物と正対することになります。広告物が視界に入ってきて、自分の関心事や悩み事を解決できそうなキャッチが書いてあったら、思わず手に取ってしまうと思います。
(もしくは、気がついていなかった悩み事に「思い当たる節があるかもしれない…」と気づかせる事ができるかもしれません)

今回は、3つ折リーフレットを、助手席後ろのポケットに設置。
「終活」が話題になる昨今、「生前相談」を提案しました。
準備をしなかった【95%】の方が、「葬儀社を選ぶ余裕がなく後悔した」ごいう具体的な数字を示しつつ、一般的な葬式費用の高さと自社の見積もりを比較。さらに「何故こんなに安く出来るのか?」をわかりやすく記載しました。安いものは逆に不安だ、と感じるシニアの心情を読み取ったクリエイティブになっています。こんなにリーフレットに書いた情報をしっかりと読み込んでくれるのか?と思う方もいるかもしれませんが、平均時間が16分もあるので、興味があって手に取ってくれた方はじっくりと見てくれるのです。
結果、初月、1千万の案件が決定!以降も、問合せが毎月4~5件、成約1~2件、というペースで案件が制約しています!

■アクテイブシニア向けフリーペーパーの成功事例まとめ

【広告主】
葬儀
【案件】
認知促進・引き合いの獲得
【活用メディア】
全国法人タクシーの車内・車体を利用して広告を掲出します!車内ビジョンやリーフレット設置などで、40代以上、富裕層・シニアを中心とした利用者にリーチできます。タクシー車内は密室空間のため、人目を気にせずに広告を確認することができます。とくに個人的な悩み(AGA、インプラント、エステ、ダイエット)などで反響が出た事例が多数あります!
【対応可能数】
全国約25,000台のタクシーと提携。
【結果】
初月、1千万の案件が決定。
問合せが毎月4~5件、成約1~2件

シニアマーケティング.com

03-6684-4211

ここで紹介した成功事例はほんの一部です。シニア向けプロモーションでお困りの方はこちらのフォームからご連絡ください

媒体社の方はこちら

無料で資料請求する